機能性表示食品について

  機能性表示食品  

2015年からスタートした機能性を個別に表示できる制度に基づいています。

それ以前は機能性を表示することができる食品は、国が個別に許可したトクホと国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていましたが、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者が商品の正しい情報を得て選択できるよう、新しい制度です。

機能性表示食品は事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、トクホとは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません

有効性・機能性・安全性の評価を最終製品を用いてのヒトでの試験は必ずしも必要とされてはおらず(勿論、ヒトでの試験データがあってもよい)、文献や論文を引用することによって事業者の責任で科学的な根拠を示すことで消費者庁に届出をすればよく、トクホの申請手続きと比べて簡易的な制度になっています。

なお、製品の届出をした事業者には申請資料の情報公開の義務があります

 

また、以下のチェック項目に該当するものは、対象食品とはなりません。
□疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)、授乳婦を対象
に開発された食品
□機能性関与成分が明確でない食品
□機能性関与成分が、厚生労働大臣が定める食事摂取基準に基準が定められた栄養素である食品
□特別用途食品(特定保健用食品を含む。)、栄養機能食品、アルコールを含有する飲料
□脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類(単糖類又は二糖類であって、糖アルコールでない
ものに限る。)、ナトリウムの過剰な摂取につながる食品

(出所:消費者庁HP掲載「「機能性表示食品」制度がはじまります!」より抜粋)

 

 

機能性表示食品製品としてには次のマークが表示されています。

 

 

  機能性表示食品に含まれる成分は?  

トクホは上記のように最終製品を用いてヒト試験で治験を実施し、効果測定をするため、食品に含まれている成分は機能性表示食品と比べて少ないのですが、機能性表示食品の多くはヒト試験を行わずに各学的根拠を先行論文に依拠していますから、食品に含有する成分はトクホに比してバラエティに富んでいます。その結果、食品に表示されている機能性も例えば、「ストレス」単独ではなく、「睡眠」と「肌」など、含まれる成分によって増やすことが可能です。

 

下表は機能性表示食品の届出品目数の多い順番に上から並べております。

(出所:消費者庁HP 「機能性表示食品届出一覧」より本サイト加工)

 

上記の各社の正式商号は下記となり、それぞれ社名をクリックするとHPが表示されます。

株式会社東洋新薬
株式会社ファイン
株式会社伊藤園
アサヒ飲料株式会社
森永乳業株式会社
アサヒグループ食品株式会社
株式会社ファンケル
株式会社常磐植物化学研究所
江崎グリコ株式会社
小林製薬株式会社
その他

 

下表は機能性表示食品の届出食品に含まれている成分数の多い順番に上から並べております。

(出所:消費者庁HP 「機能性表示食品届出一覧」より本サイト加工)

 

 

下表は機能性表示食品の届出食品に含まれている成分数の多い順番に上から並べております。

GABA
難消化性デキストリン
ルテイン
EPAとDHA
イチョウ葉由来フラボノイド配糖体及びイチョウ葉由来テルペンラクトン
ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン
葛の花由来イソフラボン
ビフィズス菌
イヌリン
アアスタキサンチン
その他

 

下表は機能性表示食品の届出食品の種類の多い順番に上から並べております。

(出所:消費者庁HP 「機能性表示食品届出一覧」より本サイト加工)