骨の健康

骨関連の効果では本サイトのタグでは骨の健康が該当します。以下にどのような成分や食品があるのかを簡単に説明いたします。

  骨の健康  

肌も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると76品目に肌に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはカルシウム、大豆イソフラボン、βベータクリプトキサンチンなどがあります。

カルシウム

人体に最も多く含まれるミネラルであり、骨や歯を形成しています。骨格を構成する重要な物質であるため、不足すると骨が十分に成長せず、骨粗鬆症の原因にもなります。加齢とともに低下する骨密度を高める働きがあるなどが報告されています。

大豆イソフラボン

豆腐、納豆、煮豆、みそなど大豆及び大豆由来食品は、良質のたんぱく質源であるだけでなく、カルシウム等にも富む重要な栄養源ですが、骨の健康が守られるなどが報告されています。

 

ベータクリプトキサンチン

野菜や果物、あるいは海藻などに多く含まれる天然の色素成分のカロテノイドで、必要に応じて体内でビタミンΑに変換され、体の機能を維持するために働きます。ヒトの血液中に存在する主要なカロテノイドの一つです。骨代謝のはたらきを助けることにより骨の健康に役立つ機能があることなどが報告されています。

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「骨の健康」をクリックしてご覧下さい。