肥満

肥満関連の効果では本サイトのタグでは肥満、脂肪、中性脂肪、コレステロール、糖などが該当します。以下に順にそれぞれどのような成分や食品があるのかを簡単に説明いたします。

  肥満  

最も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると137品目に肥満に関する機能性が表示された食品があります。

成分としては葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)、中鎖脂肪酸、ガセリ菌、茶カテキンなどがあります。

葛の花由来イソフラボン

植物の葛の花から抽出した成分。脂肪の合成の抑制、分解の促進、消費の促進し、おなかの脂肪低減効果に関する報告がされています。

中鎖脂肪酸

ココナッツやパームフルーツなどのヤシ科植物の種子に含まれるに含まれる植物成分で脂肪酸の一種。炭素のつながりがオリーブオイルなどの長鎖脂肪酸に比べて約1/2の8個のため、中鎖脂肪酸といいます。食物として摂取すると速く分解されてエネルギーとなります。安全性が高いため、消火吸収の落ちた患者への栄養補給や介護食として医療や介護の世界では長く使用されています。中鎖脂肪酸が分解される時間は長鎖脂肪酸の約4倍も速く、脂肪として蓄積されにくいなどに関する報告がされています。

ガセリ菌

乳酸菌の一種で、グラム陽性桿菌のラクトバチルス属ガセリ菌の菌株の一種。胃酸や胆汁に強く、生きたまま腸に届いて腸管内に定住することが確認されている。整腸作用のほかに、コレステロールの低下作用、生体内抗酸化作用などが報告されている他、ガセリ菌SP株に内臓脂肪低減効果に関する報告がされています。

茶カテキン

緑茶葉に含まれるポリフェノールの一種で、お茶独特の苦みや渋みのタンニンという成分。継続的に摂取することでエネルギー消費量を増加させることにより、体脂肪を低減する効果体脂肪低減効果に関する報告がされています。

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「肥満」をクリックしてご覧下さい。

 

  脂肪  

脂肪は最も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると238品目に脂肪に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはグロビン蛋白分解物(VVYPとして)、モノグルコシルヘスペリジンなどがあります。

グロビン蛋白分解物

ヘモグロビンを酵素分解して得られたオリゴペプチドの混合物。腸管からの脂肪の吸収を抑制し、脂肪の代謝を促進効果に関する報告がされています。

モノグルコシルヘスペリジン

オレンジの皮などに多く含まれるポリフェノールの一種で、肝臓で脂肪酸の合成を抑制し、分解を促進に関する報告がされています。

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「脂肪」をクリックしてご覧下さい。

 

  中性脂肪  

血液中に存在する脂肪の一つが中性脂肪です。中性脂肪も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると217品目に中性脂肪に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはDHA、EPAなどがあります。

DHA

ドコサヘキサエン酸のことで主にマグロやカツオなどに多く含まれ、そうした魚油から精製されます。体内で合成できない不飽和脂肪酸の一種。脂肪燃焼の促進に関する報告がされています。

EPA

エイコサペンタエン酸といい、体内で合成できない不飽和脂肪酸の一種。イワシやサバ、マグロなどの脂身に多く含まれています。肝臓から血液中に中性脂肪が出て行くことを防ぎ、また血液中の中性脂肪が消えていくことを促すことで、中性脂肪を下げる効果に関する報告がされています。

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「中性脂肪」をクリックしてご覧下さい。

 

  コレステロール  

コレステロールも多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると94品目にコレステロールに関する機能性が表示された食品があります。

成分としては植物ステロール、キトサン、大豆たんぱく質、松樹皮由来プロシアニジン(プロシアニジンB1として)などがあります。

植物ステロール

豆類、穀類の胚芽に多く含まれる脂質の一種でコレステロールの吸収を抑える効果に関する報告がされています。

キトサン

カニやエビなどの甲殻類に含まれる動物性の食物繊維でコレステロールの吸収を妨げ、血中LDL(悪玉)コレステロールを低下に関する報告がされています。

大豆たんぱく質

アミノ酸を多く含み、コレステロールを低下に関する報告がされています。

松樹皮由来プロシアニジン

松樹皮に含まれる、 植物由来のポリフェノールの一種で、 カテキンが2つ結合した構造で、高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げる機能に関する報告がされています。

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「コレステロール」をクリックしてご覧下さい。

 

  糖  

糖も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると13品目に糖に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはサラシアエキス末(サラシノールとして)などがあります。

サラシアエキス末

インドやスリランカなど南アジア地域に自生するデチンムル科のサラシア属植物に含まれる成分で、糖の吸収を抑制する働きがに関する報告がされています。

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「糖」をクリックしてご覧下さい。