疲労

疲労関連の効果では本サイトのタグでは疲労、ストレス、筋力が該当します。以下に順にそれぞれどのような成分や食品があるのかを簡単に説明いたします。

  疲労  

疲労も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると90品目に疲労に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはクエン酸、還元型コエンザイムQ10などがあります。

クエン酸

酢やミカン・オレンジ・レモンなどの柑橘類に含まれる酸味成分の一種で、肩こりや筋肉疲労の元となる乳酸が分解されるため疲労回復の効果などが報告されています。

還元型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は細胞に存在している補酵素でミトコンドリアの中にあり、エネルギー生産に必要です。 食べ物から取り入れる場合は小腸で吸収されますが、通常の酸化型は一旦還元しないと吸収されないのに対して還元型コエンザイムQ10はそのまま吸収されますが、体内で合成されていますが、年齢と共にその量が減少します。疲労回復の効果が報告されています。

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「疲労」をクリックしてご覧下さい。

 

  ストレス  

ストレスも多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると57品目にストレスに関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはGABA、L-テアニン、ガンマアミノ酪酸などがあります。

L-テアニン

アミノ酸の一種で一過性の作業にともなうストレスをやわらげる効果などが報告されています。

ガンマアミノ酪酸

GABAと呼ばれるアミノ酸の一種。抑制性の神経伝達物質として機能し、一時的・心理的なストレスの低減機能があるなどが報告されています。

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「ストレス」をクリックしてご覧下さい。

 

  筋力  

筋力も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると51品目に筋力に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはHMBカルシウム(カルシウム ビス-3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート)、ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボンなどがあります。

HMBカルシウム

アミノ酸であるロイシンの代謝物で、タンパク質の分解を抑えて筋力を向上させる効果などが報告されています。

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「筋力」をクリックしてご覧下さい。