関節

関節関連の効果では本サイトのタグでは肌、関節が該当します。以下に順にそれぞれどのような成分や食品があるのかを簡単に説明いたします。

 関節  

関節も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると114品目に関節に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはコラーゲンペプチド、非変性Ⅱ型コラーゲン、グルコサミン、鶏冠由来ヒアルロン酸Na、サケ鼻軟骨由来プロテオグリカンなどがあります。

コラーゲンペプチド

コラーゲンはタンパク質の一種で、骨や軟骨には約20%存在し、関節の中に存在するコラーゲンは外部から与えられる力に抵抗し、クッションのように働きます。しかし加齢とともにコラーゲンは体内で作りだす力が衰えて減っていきます。コラーゲンペプチドはゼラチンを酵素等により加水分解して得られる低分子化された可溶性タンパク質で膝関節の違和感で制限される普段の活動をサポートする機能などが報告されています。

非変性Ⅱ型コラーゲン

コラーゲンはのⅡ型は関節などの軟骨や眼球に含まれており、骨や皮膚に含まれるⅠ型とは異なります。非変性とは熱を加えずに抽出し体内でそのまま吸収されます。膝関節の柔軟性、可動性をサポートすることが報告されています。

グルコサミン

関節軟骨の正常な代謝を促す、ひざ関節の違和感を緩和する、膝関節の可動性(曲げ伸ばし)をサポートし、膝の不快感をやわらげるなどが報告されています。

鶏冠由来ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸はグリコサミノグリカンの一種で、N-アセチルグルコサミンとD-グルクロン酸が交互に結合してできた直鎖状の高分子糖です。抽出法としては鶏冠で膝関節の違和感を和らげるなどが報告されています。

サケ鼻軟骨由来プロテオグリカン

サケ鼻軟骨由来のプロテイン(たんぱく質)とグリカン(多糖)の複合体で、中心となるコアたんぱく質に多数の糖鎖が結合した構造をしていて、糖鎖と糖鎖の間に水分を保持する働きがあることから保水性に優れているとされています。膝関節の不快感を持つ方の軟骨成分の分解を抑え、関節軟骨の保護に役立ち、膝関節の可動性、日常生活における膝の動き(階段の上り下り、歩く、立ち上がる、落ちたものを拾う、座っている)の改善に役立ち、起床時の膝の違和感を軽減することが報告されています。

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「関節」をクリックしてご覧下さい。