記憶力

記憶力関連の効果では本サイトのタグでは認知機能が該当します。以下にどのような成分や食品があるのかを簡単に説明いたします。

  認知機能  

認知機能も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると198品目に認知機能に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはイチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトン、DHA・EPA、大豆由来ホスファチジルセリン、鶏由来プラズマローゲンなどがあります。

イチョウ葉フラボノイド配糖体

イチョウの葉から抽出された成分で血管を拡げて血流を改善する作用があり、加齢によって低下する脳の血流を改善し、認知機能の一部である記憶力(日常生活で生じる行動や判断を記憶し、思い出す力)を維持に関する報告がされています。

イチョウ葉テルペンラクトン

イチョウの葉から抽出された成分で血管を拡げて血流を改善する作用があり、加齢によって低下する脳の血流を改善し、認知機能の一部である記憶力(日常生活で生じる行動や判断を記憶し、思い出す力)を維持に関する報告がされています。

DHA・EPA

青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)には脳内に酸素を運ぶ重要な役割を担う赤血球中のヘモグロビン。DHA・EPA濃度が上昇することで、ヘモグロビンの量が上昇し中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である記憶力、注意力、判断力、空間認識力を維持に関する報告がされています。

大豆由来ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンはリン脂質の一種で,ヒトの脳や神経組織に豊富に含まれているですが、記憶力が低下した健康な中高齢者の認知機能の一部である記憶力の維持に関する報告がされています。

鶏由来プラズマローゲン

ヒトの体内に存在するリン脂質の一種で 酸素消費量の多い、脳、心臓、腎臓、骨格筋に多く含まれており、中高年の方の認知機能の一部である、言葉を記憶し思い出す能力、「言語記憶力」を維持にに関する報告がされています。

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「認知機能」をクリックしてご覧下さい。