口腔内環境

 口腔内環境  

口腔内環境も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると21品目に関節に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはCPP-ACP(キシリトールなどがあります。

 

 

CPP-ACP

牛乳由来成分の「CPP-ACP」。再石灰化を促進するリン酸カルシウムが含まれており、 歯からリン酸カルシウムが溶け出すのを抑え、

溶け出したリン酸カルシウムを取り戻し、再石灰化された歯のエナメル質を酸に溶けにくい歯質にします。

 

キシリトール

白樺や樫の木からとれるキシラン・ヘミセルロースという糖分から作られ、糖アルコールの一種で砂糖と同程度の甘さがあります。むし歯を予防する天然甘味料として、北欧諸国で多用され、チューイングガムやタブレットなどに使用されています。

 

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「口腔内環境」をクリックしてご覧下さい。