肌の効果では本サイトのタグでは肌、関節が該当します。以下に順にそれぞれどのような成分や食品があるのかを簡単に説明いたします。

  肌  

肌も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると147品目に肌に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはヒアルロン酸Na、グルコシルセラミド、アスタキサンチン、パイナップル由来グルコシルセラミド、米由来グルコシルセラミドなどがあります。

ヒアルロン酸Na

高分子の多糖類で天然にも存在しますが、乳酸菌や連鎖球菌などから培養し大量生産される非動物系の合成のヒアルロン酸が最近では主流です。肌の水分量を高め、乾燥を緩和する機能があることが報告されています。

グルコシルセラミド

主にアジアイネの糠など植物より得られる、グルコースと結合した糖脂質です。肌のバリア機能を担う重要な成分セラミドの前段階の物質で角層の細胞同士のすき間を埋める成分で、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐことでうるおいを保つ働きが報告されています。

アスタキサンチン

サケやエビ、カニなどに多く含まれている赤色の天然色素の一種で抗酸化作用に優れ、 老化の原因とされる紫外線などの光刺激や喫煙による酸化ストレスに対しての抗酸化力などが報告されています。

パイナップル由来グルコシルセラミド

細胞間脂質のセラミドを合成する酵素の発現を増加させること脂質でセラミド合成や肌の保湿に関わる遺伝子群の発現量を上げ肌の保湿力を高めることなどが報告されています。

米由来グルコシルセラミド

植物に含まれる糖脂質の一種で、肌の保湿力を高める作用が報告されています。

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「肌」をクリックしてご覧下さい。