睡眠

睡眠関連の効果では本サイトのタグでは睡眠が該当します。以下にどのような成分や食品があるのかを簡単に説明いたします。

  睡眠  

睡眠も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると157品目に目に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはグリシン、L-セリン、L-テアニン、GABA、ラフマ由来ヒペロシドなどがあります。

グリシン

タンパク質を作るアミノ酸の一種で、ホタテやエビなどの魚介類に比較的多く含まれ、睡眠前に利用すると深部体温を低下させ、深い眠りに到達するなどが報告されています。

L-セリン

タンパク質を構成する非必須アミノ酸の一種で、大豆、などの様々な食品中に、タンパク質を構成する成分で、光による体内時計の針合わせが強められ、寝つきの改善、熟眠感の改善、起床時の満足感などが報告されています。

L-テアニン

緑茶に多く含まれるアミノ酸の一種のグルタミン酸のエチルアミド誘導体で抗ストレス作用、睡眠安定作用と起床時のリフレッシュ感の改善作用などが報告されています。

GABA

ヒトの体内にも含まれますが、芽玄米には多くリラックス効果や血圧を下げる効果、寝つきがよくなるなどが報告されています。

ラフマ由来ヒペロシド

キョウチクトウ科の多年草ラフマの葉に含まれる成分で、眠りの深さ・起床時の睡眠に対する満足感の向上効果などが報告されています。

 

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「睡眠」をクリックしてご覧下さい。