おなかの調子

おなかの調子関連の効果では本サイトのタグではおなかの調子、腸内環境、便通が該当します。以下に順にそれぞれどのような成分や食品があるのかを簡単に説明いたします。

  おなかの調子  

おなかの調子も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると106品目に目に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはラクチュロース、乳果オリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、L.カゼイ YIT 9029(シロタ株)、ラクトバチルスGG株、サイリウム種皮由来の食物繊維などがあります。

 

ラクチュロース

牛乳に含まれる乳糖を原料として作られるオリゴ糖の一種で、摂取すると、腸内のビフィズス菌が増えて腸内環境を良好にし、お通じを増やす作用があることなどが報告されています。

乳果オリゴ糖

難消化性(唾液や胃液などの消化酵素ではほとんど分解されず、消化・吸収されないまま大腸に届く)のラクトスクロースを主成分とするオリゴ糖で、ビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を増や腸内環境を整え、便秘や便臭の改善につながなどが報告されています。

イソマルトオリゴ糖

でんぷんを原料とする糖質で腸内環境を整える作用のあるなどが報告されています。

フラクトオリゴ糖

玉ねぎ、大麦、小麦、バナナ、にんにくなどに含まれるが、など)に含まれる天然成分であるが、ショ糖にフルクトースを結合することで人工的に合成することができる。難消化性(唾液や胃液などの消化酵素ではほとんど分解されず、消化・吸収されないまま大腸に届く)であり、腸内環境の変化に深く寄与することなどが報告されています。

L.カゼイ YIT 9029(シロタ株)

乳酸菌の一種で耐酸性に優れ、生きたまま腸に届き、腸内環境を改善し、おなかの調子を整えるなどが報告されています。

ラクトバチルスGG株

乳酸菌の一種で耐酸性に優れ、生きたまま腸に届き、腸内環境を改善し、おなかの調子を整えるなどが報告されています。

サイリウム種皮由来の食物繊維

オオバコ科オオバコ属の植物の種子または種皮から得られる食物繊維で、おなかの調子を整え、便量の増加が大きく、便の腸内通過時間を早める効果などが報告されています。

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「おなかの調子」をクリックしてご覧下さい。

 

  腸内環境  

腸内環境も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると95品目に目に関する機能性が表示された食品があります。

成分としてはビフィズス菌Bb-12(Bifidobacterium lactis)、ビフィズス菌BB536、大麦ベータグルカンなどがあります。

ビフィズス菌Bb-12(Bifidobacterium lactis)

ビフィズス菌は乳酸に加え酢酸を作り、大腸内の悪玉菌の増殖を抑え、生きて腸まで届くビフィズス菌Bb-12の働きで、腸内環境を改善し、おなかの調子を整える効果などが報告されています。

ビフィズス菌BB536

酸や酸素に強く、生きたまま大腸に到達しやすく腸内環境が良好になり、おなかの調子を整える効果などが報告されています。

大麦ベータグルカン

水に溶ける食物繊維の一種で善玉菌の餌になり、腸内での働きを改善し、便通などおなかの調子をよくする効果などが報告されています。

 

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「腸内環境」をクリックしてご覧下さい。

 

  便通  

便通も多い機能性の食品の一つです。本サイトでは重複する機能も含めると63品目に目に関する機能性が表示された食品があります。

成分としては有胞子性乳酸菌 (Bacillus coagulans) lilac-01などがあります。

有胞子性乳酸菌 (Bacillus coagulans) lilac-01

胞子を形成した乳酸菌で、胃酸や熱に強く、生きたまま腸に届いて繁殖しm有害菌の増殖を抑えて活躍する乳酸菌で便通の改善などの効果などが報告されています。

詳しくは本サイト左中央部のタグ付けされた「便通」をクリックしてご覧下さい。