運動量

 

あなたは、年齢を重ねても筋肉量、筋力、身体機能を維持する方法を学びたいと考えていますか?

年齢を重ねるごとに、私たちの体は自然と筋肉量や機能が低下していきますが、これはサルコペニアとして知られています。その結果、虚弱体質になりやすく、介護が必要になったり、寝たきりになったりすることもあります。

しかし、サルコペニアを予防し、自立した生活を維持する方法がありますので、ご安心ください!

運動は、筋肉量や筋力を増やすとともに、高血圧や血糖値などの生活習慣病のリスクを低減する効果が高いことが分かっています。高齢者の運動は、自分の体力や健康レベルに合わせて、快適で安全な活動を選ぶことが大切です。適度な強度、適切な時間、頻度を目標にすることを忘れないでください。

また、計画的な運動だけでなく、日常生活の中で体を動かすことも大切です。

日常生活の中で体を動かすことは、筋肉量や健康全般の維持に大きな影響を与えます。

例えば、散歩や階段の上り下りなど、1日の中で体を動かすことを簡単に取り入れることができます。

今日から、より健康で強い自分に向けて、一歩を踏み出してみませんか?

 

運動量は、運動の強さと時間によって決まります。強さはメッツという単位で表されます。メッツが高いほど、運動は激しくなります。
18歳から64歳の人は、週に23メッツ・時以上の身体活動をすることが目標です。例えば、毎日60分以上歩くことや、週に60分息が弾む程度の運動をすることが推奨されます。
65歳以上の人は、週に10メッツ・時以上の身体活動をすることが目標です。例えば、毎日30分以上歩くことや、週に30分息が弾む程度の運動をすることが推奨されます。
運動量は自分の体力や健康状態に合わせて調整しましょう。無理なく続けられる運動量を見つけることが大切です。

 

加齢に伴い低下する運動効率を上げ、運動量(運動する時間や量)の増進をサポートする機能性を表示した食品があります。

成分としては5-アミノレブリン酸リン酸塩、乳由来スフィンゴミエリンなどがあります。

5-アミノレブリン酸リン酸塩

加齢に伴い低下する運動効率を上げ、運動量(運動する時間や量)の増進をサポートすることが報告されています。

乳由来スフィンゴミエリン

ウォーキングなどの運動と併用することで、加齢によって衰える、踏み出す、止まるといった、足の動きをサポートして、歩行能力の維持の機能性が報告されています。